メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核サミット

テロ対策で情報共有を コミュニケ採択へ

 【ワシントン会川晴之】ワシントンで3月31日夕(日本時間1日朝)に開幕した核安全保障サミットは1日夕、コミュニケを採択し閉幕する。「核なき世界」の実現を訴えたオバマ米大統領の提唱により2010年に始まったサミットが4回を重ねたことで、国ごとに理解にばらつきがあった核安全保障の重要性が共有され、核物質を使ったテロ防止策など、効果的かつ長期的な対策を促進する効果があったと高く評価する見通しだ。

 また、プルトニウムなど核兵器製造に直結する核物質だけでなく、医療用の放射性物質などを使った「ダーテ…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです