メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローンマウス

少量の尿から誕生 絶滅危惧種の救済に

尿中の細胞から生まれたクローンマウスとその子マウス=若山研提供

 山梨大の研究グループは、少量の尿に含まれる細胞から同じ遺伝情報を持ったクローンマウスを誕生させることに成功したと発表した。グループは「個体に全く傷をつけずにクローンを作れるため、絶滅危惧種の救済に役立つ可能性がある」と説明している。1日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に掲載された。

 クローン動物を作るには、核を抜いた卵子に対象動物の体細胞の核を注入するが、一般的には手術などで体内から取り出された細胞を使う。しかし、野生の動物などは人に慣れておらず、押さえつけるだけで死ぬこともあり、同大の若山照彦教授(発生工学)らのグループが動物から簡単に細胞を取り出す方法を探っていた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです