「花暦」写真展

巡る四季、喜び映す 右手足不自由な細井さん 魚沼 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
左手で小型のデジタルカメラを構え、写真を撮る細井さん=魚沼市大沢で昨年11月
左手で小型のデジタルカメラを構え、写真を撮る細井さん=魚沼市大沢で昨年11月

 脳出血で倒れ、右手足の自由を失いながらも小型のデジタルカメラで草花の写真を撮り続け、カレンダーを作製・販売している魚沼市、細井昭さん(59)の「花暦」写真展が、3日から同市七日市、湯之谷公民館で始まる。28日まで。

 細井さんは大学卒業後、県内の小学校で教壇に立った後、退職。その後同市内の「奥只見観光」に勤務し、森林インストラクターとして奥只見や尾瀬に子供たちを案内した。だが、2004年1月に突然の発…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集