メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「花暦」写真展

巡る四季、喜び映す 右手足不自由な細井さん 魚沼 /新潟

左手で小型のデジタルカメラを構え、写真を撮る細井さん=魚沼市大沢で昨年11月

 脳出血で倒れ、右手足の自由を失いながらも小型のデジタルカメラで草花の写真を撮り続け、カレンダーを作製・販売している魚沼市、細井昭さん(59)の「花暦」写真展が、3日から同市七日市、湯之谷公民館で始まる。28日まで。

 細井さんは大学卒業後、県内の小学校で教壇に立った後、退職。その後同市内の「奥只見観光」に勤務し、森林インストラクターとして奥只見や尾瀬に子供たちを案内した。だが、2004年1月に突然の発…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです