メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

現代社会の問題と進化=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

=望月亮一撮影

 私は講演などで、「最近の20万年」という言い方をよく使う。ほとんどの聴衆は20万年を「最近」だなどとは思わないのであきれてしまう。しかし、生物進化では、経済の動向などとは異なり、20万年は比較的短い時間なのである。

 私の専門は、動物の行動と進化の研究だ。もともと人類学の出身で、人類にもっとも近縁な動物であるチンパンジーの研究をしていた。その後、シカ、ヒツジ、クジャクなど、人類とは遠い動物の研究を経て、今は、ヒトの行動と心理を研究している。この分野は、人間行動生態学、進化心理学などと呼ばれる。

 現代の社会には、実にいろいろな問題がある。ネットやソーシャルメディアなど、新しい情報・コミュニケーションのツールが普及したことから派生する諸問題、昨今話題の保育所が足りないことなどをはじめとする、働き方や暮らし方の問題、いじめ、自殺、児童虐待、介護などの社会関係にまつわる問題、エネルギー・食糧・環境問題、テロや紛争などの国際問題などなど。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 日本音コン 声楽第2予選 6人が本選進出

  5. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです