メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

現代社会の問題と進化=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

=望月亮一撮影

「最近の20万年」の視点を

 私は講演などで、「最近の20万年」という言い方をよく使う。ほとんどの聴衆は20万年を「最近」だなどとは思わないのであきれてしまう。しかし、生物進化では、経済の動向などとは異なり、20万年は比較的短い時間なのである。

 私の専門は、動物の行動と進化の研究だ。もともと人類学の出身で、人類にもっとも近縁な動物であるチンパンジーの研究をしていた。その後、シカ、ヒツジ、クジャクなど、人類とは遠い動物の研究を経て、今は、ヒトの行動と心理を研究している。この分野は、人間行動生態学、進化心理学などと呼ばれる。

 現代の社会には、実にいろいろな問題がある。ネットやソーシャルメディアなど、新しい情報・コミュニケー…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです