メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『東アジアに平和の海を』=前田朗、木村三浩・編著

 (彩流社・2376円)

 日韓、日中関係は、歴史問題や領土問題をめぐって論争が絶えない。ナショナリズムに火が付き、冷静な議論ができない場合も少なくない。

 本書の副題は「立場のちがいを乗り越えて」とし、「竹島」「尖閣諸島」「領土、国民、ナショナリズム」の3章にわたり、異なる立場の論者が登場した座談会を収録している。

 第1章は、木村三浩(一水会代表)▽康熙奉(カンヒボン)(在日本朝鮮社会科学者協会)▽朴炳渉(パクピ…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです