メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鴻海

郭会長「短期間で黒字化」 シャープ買収契約

買収契約締結後のあいさつを終え、親指を立てて笑顔を見せる台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長=堺市で2016年4月2日午後4時3分、三浦博之撮影

 経営再建中のシャープと台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業は2日、共同運営する液晶工場、堺ディスプレイプロダクト(堺市)で、鴻海がシャープを買収する契約を結んだ。その後、鴻海の郭台銘会長とシャープの高橋興三社長が、成長分野に積極投資する戦略を記者会見で説明。郭会長は「短期間での黒字化を約束する」として、2〜4年での黒字化に自信を示した。

 鴻海がグループで総額3888億円を出資し、議決権の66%を握る筆頭株主となる。国内電機大手が外資傘…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文871文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 参院選 21日に投開票 「改憲勢力」維持は厳しい情勢
  5. 宮田恒男遺作展 没後見つかった絵画50点 “青年”が生きた証し 山口 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです