メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小田原城

絶景 松の木4本伐採で天守閣まですっきり

<上・現在>本丸広場の松4本が伐採され、天守閣がよく見えるようになった=小田原城址公園で<下・2012年11月>本丸広場の松の木が天守閣の眺望を阻害していた=いずれも澤晴夫撮影

 耐震改修で5月1日にリニューアルオープンする小田原城天守閣(神奈川県小田原市)と本丸広場が、桜の満開を前に装いを新たにした。昨年8月から天守閣を囲っていた工事用足場とフェンスが取り外され、全面塗装で真っ白にお色直しした外壁が姿を現した。リニューアルに合わせ、本丸広場の松の木4本が伐採され、天守閣の正面が見違えるほどよく見えるようになったという。

 小田原市観光課によると、伐採したのは樹齢が約100年とみられるアカマツ3本とアイグロ1本。樹高が2…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです