養子縁組

NPOがネットであっせん 「手軽さ」懸念の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NPOが始めた特別養子縁組あっせんの会員制サービス
NPOが始めた特別養子縁組あっせんの会員制サービス

 子どもの特別養子縁組を希望する生みの親と育ての親(養親<ようしん>)をインターネット上で専用のシステムを使ってマッチングさせる会員制サービスを、大阪市のNPO法人が今月から始めた。こうしたあっせんの取り組みは国内初という。NPO側は手軽さや費用負担の軽減をアピールするが、専門家からは「慎重さに欠ける」と懸念の声も出ている。

 サービスを始めたのは、NPO法人「全国おやこ福祉支援センター」。2014年3月にホームページ「インターネット赤ちゃんポスト」を開設し、特別養子縁組の相談やあっせんをしている。親が育てられない子を受け入れる「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」を運営する慈恵病院(熊本市)とは関係がない。

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1721文字)

あわせて読みたい

注目の特集