メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

宇宙生活、ストレスは 密室空間、JAXAが実験 一般男性泊まり込み「過酷」

JAXAの閉鎖環境施設。カプセルホテルのようだがテレビなどの娯楽設備はなく、息が詰まりそうだ=茨城県つくば市で2016年1月13日、望月亮一撮影

 密室の空間に人間を長期間、閉じ込めたら体や心はどうなるのか。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が往復に3年以上かかる火星探査を視野に、そんな実験を進めている。外部との接触を完全に遮断し、単純作業などの負荷をかけてストレスの影響を調べる。疑似「宇宙生活」をのぞいてみた。【斎藤広子】

 実験の舞台は、JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)にある閉鎖環境施設。横並びの円筒形の建物(長さ11メートル、幅3・8メートル、高さ2メートル)2棟が短い廊下で結ばれている。国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」を模した造りだ。

 内部の広さは大型バス2台分ほど。カプセルホテルに似た8人分のベッドや作業エリアがあるが、窓やテレビ…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです