メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「未知の世界」が始まった80年代

 1980年代を論じた本が目に付くようになった。四半世紀以上が経過し、一定の距離を置いて見られるようになったからだろう。ただ、前後の時代と比べると、80年代のイメージはもう一つはっきりしないようだ。70年代と90年代に挟まれたこの時期には、ある意味で明治と昭和に挟まれた大正時代と似たところがあるかもしれない。

 その名もずばり『1980年代』(河出ブックス)は、四つの鼎談(ていだん)とさまざまなジャンルの論考・コラムで構成している。編者は文芸評論家の斎藤美奈子さんと歴史家の成田龍一さん。二人が著名な作家らをゲストに迎えた鼎談の一つで、社会学者の大澤真幸さんはこう語っている。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです