メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小迫の延年

野舞台の舞い、住民ら楽しむ 栗原 /宮城

花がさをかぶり豊作を祈願する「田楽舞」=栗原市の白山神社で2016年4月3日午後2時59分、山田研撮影

 栗原市金成地区の白山神社で3日、国の重要無形民俗文化財に指定されている祭り「小迫(おばさま)の延年(えんねん)」があり、住民らが野舞台で次々に繰り広げられる舞いを楽しんだ。

 延年は平安から室町時代にかけ寺院で盛んに行われた歌舞の一つとされ、白山神社では春の例祭で披露される。野舞台では、悪魔払いとさ…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです