メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱原発

「法廷で運転食い止めを」 弁護団代表ら、草津で座談会 /滋賀

 脱原発弁護団全国連絡会の共同代表である河合弘之弁護士=第二東京弁護士会=と海渡(かいど)雄一弁護士=同=らによる座談会が3日、草津市野路1の市民交流プラザであった。関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた先月の大津地裁の仮処分決定について河合弁護士は「動いている原発を止める決定は大変意義がある」と高く評価した。

 嘉田由紀子・前県知事らが開く「政治塾」の一環で約50人が参加した。河合弁護士が監督した福島第1原発…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです