メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

NPO法人み・らいず 障がい者に「当たり前」を 大学生活動、学習支援も /大阪

障がい者と一緒にお出かけ=み・らいず提供

 <福祉・保健><まち・雇用>

 大学生たちが障がい者の余暇を支援する活動から始まった。ニーズに対して「なんとかする!」を合い言葉に、既存の福祉制度の枠からはずれるサービスの必要性を感じ、開拓してきたのが「み・らいず」だ。今もスタッフ約50人と大学生150人が、一般の塾では対応できない学習支援事業や、引きこもりの人の居場所作りと就労支援などに取り組む。

 きっかけは、代表理事の河内崇典さん(39)が大学1年のとき「割がよいから」と、内容を十分把握せずに…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです