メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

NPO法人み・らいず 障がい者に「当たり前」を 大学生活動、学習支援も /大阪

障がい者と一緒にお出かけ=み・らいず提供

 <福祉・保健><まち・雇用>

 大学生たちが障がい者の余暇を支援する活動から始まった。ニーズに対して「なんとかする!」を合い言葉に、既存の福祉制度の枠からはずれるサービスの必要性を感じ、開拓してきたのが「み・らいず」だ。今もスタッフ約50人と大学生150人が、一般の塾では対応できない学習支援事業や、引きこもりの人の居場所作りと就労支援などに取り組む。

 きっかけは、代表理事の河内崇典さん(39)が大学1年のとき「割がよいから」と、内容を十分把握せずに…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1393文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです