メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

戦いと戦いの谷間=酒井佐忠

 塚本邦雄の「最後の弟子」である森井マスミの歌集『まるで世界の終りみたいな』(角川書店)が、混乱にあけくれる世界の現実に襲いくる不条理な感覚を、見事に表現していて注目される。森井は、1968年大阪市生まれ。近畿大大学院で塚本に直接師事して作歌を始めた。すでに現代短歌評論賞などを受賞して活躍する気鋭の歌人。歌集は東日本大震災を挟んで2009年から14年までの作品を集め、世界の病理を感受する批評意識が特色だ。

 <大いなる厄災あれど変はらぬ世界 死に瀕すれど従順なひとびと><まほらなるフクシマのうみ波立ちて陸…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文576文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです