メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山「友ケ島」

砲台跡、老朽化で崩壊 史跡化したいが

【上】現在の第2砲台跡。左の砲台跡は、絵はがき写真左側の中央建物と同じ。絵はがき写真の右側部分が崩壊し、現在は海が臨める=稲生陽撮影【下】絵はがきに残っていた崩壊する前の第2砲台=唐澤教授所有の絵はがきから

 旧日本軍の砲台跡が残り、観光客が急増している和歌山市沖の無人島「友ケ島」で、第二次世界大戦の終戦時に米軍が爆破したとされてきた砲台跡1カ所が実は完全な形で残り、戦後に老朽化で崩壊したとみられることが分かった。軍事施設の遺構の研究者が戦後に発売された絵はがきを発見し、写真で確認した。文化財保護と崩落事故防止のため補修が必要だが、島を管理する市は「史跡化して補修しないといけないが、史跡指定されると近くで見てもらうことが難しくなる」と頭を抱えている。

 友ケ島は大阪湾口にある沖ノ島など4島の総称で、れんが造りの砲台跡が計6カ所残るなど島全体に国防遺構…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです