メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア・イラク渡航

戦闘員3割、欧州に戻る

欧州からシリア・イラクに渡った戦闘員の特徴

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州から内戦下のシリアなどに入った約4000人の戦闘員のうち、3割が渡航元の国に戻ったとみられることがオランダのシンクタンク「テロ対策国際センター」(ICCT)のまとめで分かった。帰還した一部の戦闘員が欧州で新たなテロを起こす可能性を指摘した上で、社会復帰などの政策に投資すべきだと指摘している。

 ギリシャとハンガリーを除く欧州連合(EU)の加盟26カ国の当局などから集めたデータを基に報告書をま…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです