在宅介護

「限界」7割 家族の負担浮き彫り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
介護で精神的・肉体的に限界を感じたことがあるか
介護で精神的・肉体的に限界を感じたことがあるか

 自宅で家族を介護している人の約7割が精神的・肉体的に限界を感じていたことが毎日新聞の調査で分かった。約2割は介護疲れなどから殺人・心中を考えたことがあるとし、被介護者に暴力をふるった経験を持つ人も2割を超えた。負担や孤立に悩みながら、愛する家族を支える介護者の姿が浮かび上がった。

 毎日新聞は1〜2月、介護者支援に取り組む全国の8団体を通じ、在宅介護者にアンケートを実施し、245人(男性62人、女性181人、性別不明2人)から回答を得た。

 介護によって精神的・肉体的に限界を感じたことが「ある」とした人は73%(179人)に上った。全体の22%(54人)は介護中に被介護者に暴力をふるった経験があると回答した。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1115文字)

あわせて読みたい

ニュース特集