歩車分離信号

普及率4% 待ち時間長く、渋滞危惧

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
歩車分離信号が設置されている「中央警察署入口」交差点。歩行者は曲がりきれず交差点に残った車の間を歩いていた=福岡市中央区天神で2016年3月26日、須賀川理撮影
歩車分離信号が設置されている「中央警察署入口」交差点。歩行者は曲がりきれず交差点に残った車の間を歩いていた=福岡市中央区天神で2016年3月26日、須賀川理撮影

 歩行者が交差点を横断中、車が横断歩道を横切らないよう制御する「歩車分離信号」の普及が、全信号の約4%にとどまっていることが警察庁のまとめで分かった。待ち時間の長さや横断時間の短さ、「渋滞を引き起こすのではないか」と危惧する声などが背景にあるとみられる。導入された場所で事故が激減したとの調査結果もあり、専門家は効果的な設置を提言する。【吉川雄策、山本太一】

 福岡市中央区天神1の「中央警察署入口」のスクランブル式交差点。歩行者側信号が青になると、同市の女性(80)は横断歩道を渡り、「車を気にせず安心して渡れた。安全な交差点がもっと増えてほしい」。その傍らで、つえをついた男性(77)は不満そうな表情だ。青信号に変わったのと同時に歩き始めたが、渡りきる2秒前に赤信号に変わり「せかされている感じ。高齢化が進んでおり、横断時間を長くしてほしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1609文字)

あわせて読みたい

注目の特集