メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

存在感を発揮できず 宮原知子5位

 フィギュアスケートの世界選手権最終日は2日(日本時間3日)、女子フリーが行われ、宮原知子(関大)がフリー139.89点、合計210.61点で5位。宮原はフリーでは3位の得点を挙げ、合計でも銀メダルだった昨年大会の自身を17.01点も上回った。それでも連続のメダルには届かず「順位としては少し悔しい思いもある」。7人が合計200点を超えるハイレベルな戦いの中で、存在感を発揮しきれなかった。

 演技には持ち前の安定感が光った。冒頭で3回転ルッツ−2回転トーループ−2回転ループの3連続ジャンプ…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです