体操

村上茉愛が初優勝 全日本個人総合

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝を決め、表彰式で笑顔を見せる村上茉愛=東京・国立代々木競技場で2016年4月3日、小川昌宏撮影
優勝を決め、表彰式で笑顔を見せる村上茉愛=東京・国立代々木競技場で2016年4月3日、小川昌宏撮影

 体操の全日本個人総合選手権は最終日の3日、東京・国立代々木競技場でリオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねて男女の決勝が行われた。女子は村上茉愛(日体大)が57.400点で初優勝した。2連覇の懸かる寺本明日香(中京大)は0.1点差の2位。3位は16歳の杉原愛子(朝日生命)だった。

スペシャリストから成長

 最後の床運動で屈身の後方2回宙返りを決…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文396文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集