メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おかやまお仕事図鑑

車の教習指導員 高梁自動車学校の宮井奈津美さんに聞く /岡山

自動車学校教習指導員の宮井奈津美さん=岡山県高梁市高倉町の高梁自動車学校で、山本麻美子撮影

 「高梁自動車学校」(高梁市高倉町田井)で教習指導員をしています。初級から卒業検定前までの所内や路上での実技、学科を受け持っています。

 高知の大学に通って2年前に卒業し、すぐに勤め始めました。教習指導員になるには、都道府県の公安委員会の試験に合格して資格を得る必要がありますが、入社後、資格を取るために約半年間、研修を受け、鍛えられました。特に茨城県にある安全運転中央研修所での3週間は厳しかったです。

 高校卒業後の春休みにAT車(オートマチック車)の免許を取りました。大学生の頃は真庭市の実家に帰ると、車を運転していました。ドライブが好きだったので、この仕事を選びましたが、MT車(マニュアル車)の運転が分からず、大変でした。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです