メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

全国の小学校で血液検査を=北川博敏・香川短期大学名誉学長

 血液検査による健康診断といえば、成人が主な対象という印象があるかもしれない。

 香川県は4年前から、県内全小学校の4年生を対象に血液検査を実施している。これまでに受診した2万2914人のうち12・6%が肝機能異常、11・1%が脂質代謝異常、10・6%が血糖値異常であった。深刻である。

 もともと、この検査は、松原病院(香川県三木町)の松原奎一院長が、診察に来る子どもの血液に異常が多いのに気づき、校医だった中学校の生徒に1987年から自費で始めたものだ。これを知った私は他の市町に広める努力をし、浜田恵造県知事の判断で2012年から全県で実施されている。

 肝機能異常は一般には中高年の男性に多いが、近年は非アルコール性肝炎が増えており、子どもたちにもその…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです