メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

負の金利と資金運用業界=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 日本銀行がマイナス金利を導入した目的は、実物投資を行う企業や家計が負担する実質金利(名目金利マイナス物価上昇率)を低下させ、投資水準を引き上げることであった。しかし第1段階では、貸借や投資資金の運用を担う金融現場に戸惑いをもたらし、業界の収益力低下に直結する事態となっている。

 資金運用を委ねる専門家への指示に、平均的な成果(パッシブ)か、多少リスクはあっても高い成果につながる可能性(アクティブ)か、という選択肢がある。前者は国債をはじめとした債券の比重が相対的に高い。しかし10年物国債の利回りに至るまでマイナスでは、そもそも投資成果は期しがたい。これでは預…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです