東証

一時1万6000円割れ 1カ月ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5日の東京株式市場は、円高の進行や米国の株安などを受けて続落した。日経平均株価の下げ幅は一時300円を超え、取引時間中としては3月1日以来、約1カ月ぶりに1万6000円を割り込んだ。

 前日の米国市場で、原油安などを受けてダウ工業株30種平均が小幅反落した流れを引き継いだ。5日の東京外国為替市場では…

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文238文字)

あわせて読みたい

ニュース特集