人工肛門

入浴理解を 支援団体、公衆浴場拒否でチラシ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本オストミー協会神奈川支部はオストメイトの公衆浴場での入浴について理解や注意を呼び掛けるチラシを作った
日本オストミー協会神奈川支部はオストメイトの公衆浴場での入浴について理解や注意を呼び掛けるチラシを作った

 人工肛門や人工ぼうこうなどを腹部に付けている人が、公衆浴場で入浴を拒まれる例がある。厚生労働省が2015年2月に告示した「浴場業の振興指針」には「衛生上問題ない」と明記されており、支援団体はチラシを作成し、正しい理解を求めている。

 人工肛門や人工ぼうこうは、病気や事故が原因で消化管や尿管が損なわれた人のための器具で、「ストーマ」と総称される。ストーマを利用している人は「オストメイト」と呼ばれる。

 神奈川県座間市の入浴施設で14年4月、オストメイトの女性が入浴中に係員から退出を求められた。女性から日本オストミー協会神奈川支部を通して連絡を受けた県と座間市が、施設側に理解を求めたところ「他の客から苦情があると受け入れは難しい」と回答があった。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1365文字)

あわせて読みたい

注目の特集