メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災遺構

津波の恐怖生々しく たろう観光ホテル一般公開

保存工事が完了し、震災遺構として一般公開が始まった旧「たろう観光ホテル」=岩手県宮古市田老で2016年4月1日午後4時15分、竹内紀臣撮影

 東日本大震災の津波の恐ろしさを生々しく伝える岩手県宮古市田老の旧「たろう観光ホテル」の保存工事が終わり、4月から一般公開が始まった。国の復興交付金を利用した震災遺構で一般公開されるのは初めて。

 津波が6階建ての4階まで達し、1、2階部分は骨組みだけが残った。市は2014年3月に土地を買い取り、建物は無償で譲り受けた。保存に向け、鉄骨の…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです