東京メトロ事故

車掌「停車ためらった」 警報音を把握

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ベビーカー事故の概念図
ベビーカー事故の概念図

 東京メトロ半蔵門線九段下駅(東京都千代田区)で電車がベビーカーをドアに挟んだまま出発し、ベビーカーが大破した事故で、車掌が駅のホームで異常を知らせる警報音に気付きながら、運行規則に反して緊急停止しなかったことが東京メトロへの取材で分かった。

 東京メトロによると、電車は4日午後3時ごろ、ベビーカーの左前輪のつなぎ目部分を挟んだまま発車。ベビーカーは約100メートル引きずられ、ホーム端の柵に衝突した。ベビーカ…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集