メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

副大統領に強硬派 和平協議に悪影響

 【カイロ秋山信一】イエメンのハディ大統領は3日、バハーハ副大統領を更迭し、新たに軍高官のアリ・モフセン氏を副大統領に任命した。ハディ政権は、イスラム教シーア派武装組織フーシやサレハ前大統領の連合軍と内戦を続けている。モフセン氏は、フーシやサレハ氏に対する強硬姿勢で知られ、今月18日に始まる予定の和平協議に悪影響が出る可能性もある。

 政権派の公式メディアによると、バハーハ氏は副大統領と首相を解任され、大統領顧問に任命された。後任の首相には元閣僚のアハマド・オベイド・ビンダグル氏が任命された。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 宇都宮大が2次試験中止 共通テスト成績などで合否 「受験生の健康最優先」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. リオのカーニバル中止 7月延期でも「不可能」 新型コロナ

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです