メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

副大統領に強硬派 和平協議に悪影響

 【カイロ秋山信一】イエメンのハディ大統領は3日、バハーハ副大統領を更迭し、新たに軍高官のアリ・モフセン氏を副大統領に任命した。ハディ政権は、イスラム教シーア派武装組織フーシやサレハ前大統領の連合軍と内戦を続けている。モフセン氏は、フーシやサレハ氏に対する強硬姿勢で知られ、今月18日に始まる予定の和平協議に悪影響が出る可能性もある。

 政権派の公式メディアによると、バハーハ氏は副大統領と首相を解任され、大統領顧問に任命された。後任の…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです