メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漁船拿捕妨害

インドネシア・中国火種に 対立回避を模索

中国漁船の事件に関し、抗議の声明を発表するインドネシアのルトノ外相=ジャカルタで2016年3月21日、ジャカルタ支局助手トリア・ディアンティ撮影

 【ジャカルタ平野光芳】南シナ海南部の海洋権益を巡り、中国とインドネシアの対立が表面化している。先月、インドネシア当局が「違法操業」として拿捕(だほ)した中国漁船を、中国警備当局の船が奪い返す事件が発生。両国の外交問題に発展しており、南シナ海で領有権問題を抱える中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との力関係にも影響を与える可能性がある。

 事件は先月19日、インドネシアのナトゥナ諸島の北東沖約150キロの南シナ海で発生。インドネシア政府…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです