遺骨

白石の「西洋の窓」宣教師か 獄死した屋敷跡から

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「切支丹屋敷跡」で見つかったシドッチとみられる遺骨=東京都文京区提供
「切支丹屋敷跡」で見つかったシドッチとみられる遺骨=東京都文京区提供

 江戸時代中期に来日、新井白石に影響を与えたものの獄死したイタリア人宣教師、ジョバンニ・バチスタ・シドッチ(1668〜1714年)とみられる遺骨が見つかったと4日、東京都文京区が発表した。キリスト教信者らの収容施設・切支丹屋敷跡(同区小日向1)の発掘調査で見つかり、DNA鑑定や文献資料などから可能性が高いとしている。鎖国・禁教下の日欧の交流を知る手掛かりとなりそうだ。

 シドッチは伊シチリア島・パレルモ出身。日本布教を志し1708年、フィリピンから屋久島に渡航し、捕らえられて江戸に送られた。当時幕政の実力者だった白石が尋問、そこで得た知識を基に海外情勢や地理などを記した「西洋紀聞」を著した。シドッチは比較的好条件で屋敷に幽閉されたが、世話役の日本人夫妻「長助・はる」を入信させたとして地下牢に移され、死去した。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文742文字)

あわせて読みたい

注目の特集