メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

萩野、後半スタミナ切れ「代表うれしいが、悔しい」

男子400メートル個人メドレー決勝を制しリオ五輪出場を決めたが、記録が伸びず悔しさをにじませる萩野公介=東京辰巳国際水泳場で2016年4月4日、梅村直承撮影

第92回競泳日本選手権(4日、辰巳国際水泳場)

 ケガに苦しんだこの1年。その軌跡を象徴するようなレースだったが、昨夏の世界選手権で取り損ねたリオ五輪切符を手中に収めた。男子400メートル個人メドレーを制した萩野は「代表になれたことはうれしいが、すごい悔しい。タイムでもっと高いところを望んで練習してきたのに」と反省した。

 序盤は快調に見えた。2種目め・背泳ぎの途中までは、自身が持つ日本記録より1秒以上速いペース。だが、そこに落とし穴があった。平泳ぎ、自由形とレース後半はペースダウン。目標に掲げていた4分5秒台はもちろん、日本記録更新もかなわなかった。平井伯昌・日本代表ヘッドコーチは「ライバルたちが(萩野のペースを)乱そうと、前半から来たのだろう」と分析。他の選手につられて序盤から飛ばし過ぎてしまい、後半のスタミナ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです