メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イカル探鳥会

20人参加 市の鳥、郷土愛向上狙い 綾部 /京都

 綾部市の鳥「イカル」(スズメ目アトリ科)を観察する探鳥会が5日、同市宮代町の綾部八幡宮周辺で開かれ、参加した市民ら約20人が木々に向かって耳を澄ませ、目を凝らせた。

 イカルは綾部地方(旧何鹿(いかるが)郡)に生息する平和の象徴として、1974年に市の鳥として指定された。探鳥会は郷土愛を深め、自然を…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 行政ファイル 立山のニシキゴイ、コイヘルペスか /富山

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 天皇、皇后両陛下が大凧つくりを見学 訪問中の新潟市で

  5. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです