メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

福知山公立大学初代学長 井口和起さん /京都

 「市民の大学 地域のための大学 世界とともに歩む大学」を建学の理念として掲げ、今月1日開学した福知山公立大学の初代学長に就任した。

 2年前、定員割れが続く成美大学の公立化を求める市民団体などの要望を受け、「福知山に大学は必要か」と問う、公立大学議論の初期段階から関わってきた。有識者会議の委員長として、存在意義を認めた報告書をまとめ、福知山市の判断を後押しした。

 学長就任に「受ける気はなかった。この年になって、80までやれといわれてもねえ」という。市の熱心な要請に動かされ、「開学もあり得るよという答申をしておいて、断るのはある意味無責任だと思うようになった。でも正直、心の揺れは今もある」と話す。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです