メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

「南国食堂」経営 守部立人さん /京都

 京田辺市で料理店「南国食堂 Good Fellows」(グッド フェローズ)を経営する。かつて1980年代前半、過激なパフォーマンスで異彩を放ったパンク・ロックバンドのリーダーで「卑龍」の名でボーカル・ギターを務めていた。

 JR同志社前駅から北へ徒歩1分。たる製のテーブルが並ぶ店内で、守部さんは「店名のように、若いころは『いかした仲間たち』と南国のように明るく、激しくパンクに没頭した」と話す。

 京都市生まれ。バンドを結成したのは高校2年の時だった。卒業後、バンドは東京進出を果たしたが、85年に解散した。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです