メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

聴覚障害者支援の団体、県に災害時用のビブス 「手話通訳者」など示す /徳島

聴覚に障害がある人が見てわかるように支援できる事柄を表示したビブス=徳島県庁で、蒲原明佳撮影

 聴覚に障害がある人や支援者の9団体でつくる聴覚障害者制度改革推進徳島本部は5日、災害時に手話通訳や要約筆記を担う人が着るベストの形をしたビブス500枚を県に寄贈した。本部長の平光江さん(59)は「誰が支援者か見てわかるようになる。障害がない人も手話や筆談といった支援に興味を持ってほしい」と訴えた。

 青色の布地に白字で「手話できます」「盲…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに533人の感染確認 重症者は5人減の54人

  2. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです