メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
くらしナビ・ライフスタイル

マッサージ器で骨折の危険

 家庭用電気マッサージ器を使用中に、体を強く圧迫されて骨折をしたり内出血したりする事故が高齢者を中心に発生している。体調を改善するつもりが逆効果になってしまうこともあり、国民生活センターは注意を呼びかけている。

 ●被害、60歳以上6割

 「マッサージチェアに挟まれてあばら骨が折れた」「途中で痛みを感じたが機器の止め方が分からず、足が赤く腫れた」−−。国民生活センターによると、2010年度から15年度にかけて、家庭用電気マッサージ器の使用中にけがをしたなどの相談が計253件寄せられた。被害者の約6割が60歳以上で、女性が全体の7割を占めているという。

 同センターによると、このうち医療機関を受診し、治療に3週間以上かかったケースは全体の約2割にあたる…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです