メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らがパラダイス

/86 七 丹羽家の危機/8=林真理子 横尾智子・画

 次の日、本をどっさり買ってさつきは家に帰った。先生の話はむずかしくてよくわからなかったが、いざとなったら病院を紹介してくれる、ということだけはわかった。

「すい臓癌(がん)は幹細胞移植で、進行が抑えられるって言ってる医者もいるらしいね。自分の血と皮膚をとってね、細胞を培養するんだよ。これを点滴で体に入れる」

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです