メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

保育所落ちた……でも働ける 子連れ出勤、母カモン!! 人材確保へ託児施設設置、企業増

託児スペースが併設された店内で仕事をする左近春香さん(右)。「子連れ出勤が当たり前の社会になれば」と期待する=福岡市博多区美野島で2016年3月18日、野田武撮影

 職場に託児スペースを作ったり、働く母親の横で子どもを遊ばせることを認めたりして「子連れ出勤」を可能にする企業が増えている。希望しても保育所に入れない待機児童の解消が進まない中、仕事と子育ての両立を目指す働き方の一つとして注目される。【末永麻裕】

 店内の一角をガラスで仕切った託児スペースで、保育士が従業員の子どもをおんぶしながら自身の子どもを遊ばせていた。福岡市博多区にある美容室とまつ毛エクステサロン「hal+Familia(ハルプラスファミリア)美野島店」。昨年12月のオープンに合わせ、従業員と客の子どもが無料で利用できる託児スペースを設け、保育士や看護師も直接雇用した。

 自身も1歳の女の子の母親でもある左近春香代表(29)は「子育て中でも働きたい女性やきれいになりたい女性を後押しする環境を作りたかった」と語る。経営する3店舗のうち一番新しいこの店に託児スペースを設置した。3店で計28人いるスタッフのうち13人が子育て中の母親で、うち8人が子連れで出勤している。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです