糖尿病

入園拒否 阪神・岩田投手「社会の理解不十分」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1型糖尿病を抱えながらプロ野球で活躍する阪神の岩田稔投手=森園道子撮影
1型糖尿病を抱えながらプロ野球で活躍する阪神の岩田稔投手=森園道子撮影

 1型糖尿病の子供たちが幼稚園などに入園を拒否されている問題で、1型糖尿病を抱えながらプロ野球で活躍する阪神タイガースの岩田稔投手(32)が毎日新聞の取材に答えた。岩田投手は高校時代、1型糖尿病を理由に社会人野球のチーム入りを取り消された経験がある。「社会の理解はまだ不十分。血糖値を管理すれば日常生活に支障はないことを、プレーを通じて伝えたい」と語った。

 1型糖尿病は生活習慣とは関係なく、血糖値を下げるインスリンが分泌されなくなる疾患で、幼少期の発症が多い。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文835文字)

あわせて読みたい

注目の特集