メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

危険性自覚を 3駅集中、千葉・市川「北京通り」

千葉県警の警察官が交通整理をする中、多くの自転車が行き交う通勤時間帯の「北京通り」=千葉県市川市で2016年3月15日午前8時10分、小川昌宏撮影

 幅5メートルの道を埋め尽くす自転車、自転車、自転車……。千葉県市川市八幡3の京成八幡駅前の市道は、自転車であふれたかつての中国・北京を連想させることから「北京通り」と呼ばれる。通勤・通学時間帯には自転車が一方通行の道いっぱいに広がって連なり、遮断機が下りた踏切への侵入も後を絶たない。道路交通法が改正され危険行為の取り締まりが強化される中、県警市川署は特別班を発足させ、マナー向上に乗り出した。6〜15日は春の全国交通安全運動。【円谷美晶】

 午前7時45分。踏切の遮断機が上がると、自転車が数十センチ間隔で走り出した。男性も女性も、子供も高齢者も黙々とペダルをこぐ。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです