メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄知事

辺野古承認「撤回も」…新たな訴訟確定後

翁長雄志沖縄県知事=那覇市で2016年4月5日、津村豊和撮影

 日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から12日で20年を迎えるのを前に、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が5日、毎日新聞のインタビューに応じた。政府と県は普天間飛行場の名護市辺野古への県内移設計画を巡る訴訟の和解を受けて協議中だが、翁長知事は新たな訴訟で敗訴しても、「辺野古の埋め立て承認以降の事由(出来事)で私どもが了解できないことがあれば、撤回も視野に入れる」との考えを明らかにした。

 協議が決裂した場合に想定される新たな訴訟の判決確定後の対応について、翁長知事が埋め立て承認の「撤回…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです