メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

スーチー氏、「外交デビュー」は中国と

 【北京・河津啓介、バンコク岩佐淳士】ミャンマー新政権を主導するアウンサンスーチー氏にとって「外交デビュー」の相手は中国だった。東南アジアで米国との覇権争いを演じる中国は、旧軍政時代に蜜月関係を築いたミャンマーを自陣に引き戻そうと狙う。一方、「スーチー政権」は中国の経済協力に期待する。国民の間に中国への警戒心も根強く、対中外交は難しいかじ取りを迫られそうだ。

 「巨大プロジェクトで協力し互いの利益拡大を目指したい」。5日の外相会談後の記者会見で、中国の王毅(…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです