メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

元軍制服組トップ、汚職認め起訴へ

 【北京・石原聖】中国国営新華社通信は5日、胡錦濤前政権時代の中国軍制服組トップで、収賄容疑で軍事検察院が捜査中の郭伯雄・前中央軍事委員会副主席(73)=党籍剥奪処分=が容疑を認めたと伝えた。軍事検察院が起訴するかどうかを判断するといい、起訴される可能性が高い。

 中国軍では同じ軍制服組トップだった徐才厚・前副主席(2015年3月に病死で不起訴)も汚職で摘発されている。

 郭、徐氏ともに江沢民元国家主席に近い軍指導者とされ、習近平国家主席には腐敗摘発と軍改革が進んでいる…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです