メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京メトロ

全車掌対象に「緊急停止訓練」実施へ

 東京メトロ半蔵門線九段下駅(東京都千代田区)で4日、電車がベビーカーを挟んだまま発車した事故で、東京メトロは5日、全ての車掌を対象に、回送電車を使って非常ブレーキをかける緊急停止訓練を実施すると明らかにした。非常ボタンが押された場合は、必ず非常ブレーキをかけるよう徹底を図る。

 東京メトロによると、入社後、車掌になるためにシミュレーターで非常ブレーキを使った緊急停止などの訓練を重ねる。その後、指導役と2人で乗務し、1人での乗務に切り替わる。1人乗務を始めた後は、決まった訓練は実施していない。

 今回は乗客が非常ボタンを押し、ホームで警報音が鳴っていた。車掌(23)は警報音に気づいたが、緊急停止させるべき規則に反して電車を走行させた。入社2年目、単独での車掌業務は19日目で、「停止をためらった」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. 長男揺さぶり 傷害罪に問われた母親に無罪判決 大阪地裁「疑問払拭できず」

  5. はやぶさ2帰還へ 「すごいところに…」開発・運用担当者が流した涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです