滋賀大学長

文系軽視、教育後進国並み…文科省を批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀大の入学式で文部科学省を批判する位田隆一学長=彦根市野瀬町で5日、西村浩一撮影
滋賀大の入学式で文部科学省を批判する位田隆一学長=彦根市野瀬町で5日、西村浩一撮影

 滋賀大(滋賀県彦根市)の位田隆一学長(68)は5日、入学式のあいさつの中で、国立大の人文社会科学系学部の改組や廃止を求めた文部科学省の昨年の通知に言及し、「世界の教育後進国と言われても仕方がないほど嘆かわしい」と厳しく批判した。

 位田学長は、国立大の法人化についても「期待通りの成果を得られていない」と指摘。「人文・社会系学部や教育系学部の廃止や再編…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集