ライフ協会

調査中、パーティー券購入…元副内閣相側主催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年6月の西村康稔衆院議員(中央)の政治資金パーティーに参加した日本ライフ協会の浜田健士代表(左から2人目)ら=関係者提供(一部画像を処理しています)
昨年6月の西村康稔衆院議員(中央)の政治資金パーティーに参加した日本ライフ協会の浜田健士代表(左から2人目)ら=関係者提供(一部画像を処理しています)

 高齢者の預託金を流用して事実上破綻した「日本ライフ協会」(東京都港区)が昨年6月、自民党の西村康稔・衆院内閣委員長(兵庫9区)の政治資金パーティー券を購入し、同年9月に協会幹部が西村事務所を訪問後、同氏の秘書が協会を所管していた内閣府の担当部局に問い合わせをしていたことが分かった。協会は同年3月から内閣府側の調査を受けており、西村氏は当時、副内閣相。同氏の事務所は「調査のことは知らなかった」としつつ事実関係を認め、パーティー券の対価を返金するとしている。【銭場裕司、田口雅士】

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1132文字)

あわせて読みたい

注目の特集