競泳

0秒03及ばず 100平で3連覇の小関、笑顔なく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル平泳ぎ決勝、1位となるも同種目の五輪出場を逃した小関也朱篤=東京辰巳国際水泳場で2016年4月5日、梅村直承撮影
男子100メートル平泳ぎ決勝、1位となるも同種目の五輪出場を逃した小関也朱篤=東京辰巳国際水泳場で2016年4月5日、梅村直承撮影

 競泳の日本選手権第2日の5日、男子100メートル平泳ぎで3連覇した小関に笑顔はなかった。派遣標準記録にわずか0秒03及ばず「ありえないっすね」と何度も首をかしげた。

 前半から飛ばす積極的なレースを展開。最後まで粘る北島らを振り切り、トップ。現在の第一人者の意地を示したものの、個人種目での代表内定は…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集