メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水球

目指せ「東京」!! 富山ウオーターポロク、ジュニア五輪優勝を報告 /富山

初優勝を報告する舟崎紘史監督(右端)と稲場悠介主将(前列左端)=富山市役所で、青山郁子撮影

 千葉県で3月に開催された第38回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会水球競技男子15歳以下の部で初優勝した、富山ウオーターポロクラブ(富山市)の舟崎紘史監督(33)や稲場悠介主将らが6日、富山市役所を訪れ、麻畠裕之教育長らに優勝を報告した。

 同クラブには小、中学生や高校生約40人が所属し、同市の北部プールで毎週5日、約1時間半の練習を重ねている。富山出身でリオ五輪の水球競技日本代表の保田賢也選手(27)=ブルボンウォーターポロクラブ柏崎=も富山時代は所属しており、五輪出場決定後の今年1…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです