メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西俣さんとの"思い出の場所"、曽根崎警察署地下の大阪府警コミュニティープラザ前=大阪市北区曽根崎2で、松井宏員撮影

 ◆環状線・大阪

邪魔扱い、凶事重なる 賭け事に御利益で人気

 今回からJR大阪環状線の大阪駅前を歩きます。待ち合わせは曽根崎警察署地下の府警コミュニティープラザ前。ここは大阪案内人の西俣稔さんと初めて会った思い出の場所だ。15年前、電話で取材の約束をして、「目印にバラの花でもくわえときましょか」とボケをかました西俣さんのいでたちが素足にサンダル。思わず笑いました。こんな長い付き合いになるやなんて……。

 曽根崎警察署のことを、私たちの業界では曽根をひっくり返して「ネソ」と呼ぶ。東京から転勤してきた先輩が「ネソへ行って」と指示されたが、それ以外の説明がなく、いったいどこかと地図とにらめっこしても載ってるはずもなし。道行く人に聞いても誰も知らない。タクシーに乗ったらなりたての運転手さんで、2人で首をひねりながら大阪港まで一巡りして、結局わからなかったという笑い話がある。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです