メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島・川内原発

停止認めず 再稼働、司法が左右 リスク評価揺れる

 九州電力川内(せんだい)原発の運転を容認した6日の福岡高裁宮崎支部(西川知一郎(ともいちろう)裁判長)決定は、原発事故の可能性について、社会通念では「ゼロリスク」を求めていないと認定し、関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁決定(今年3月)とは異なる判断を出した。しかし、運転差し止めを求める仮処分などは全国で相次ぎ、司法判断が原発の再稼働を左右する状況は今後も続きそうだ。

 東京電力福島第1原発事故以降、運転差し止めをめぐる判決や決定は今回で9件目。このうち運転停止を求め…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  2. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  5. 令和初 春の褒章670人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです